今さら聞けない?初心者のためのJavaプログラミング基礎知識!

名古屋のJavaプログラマが教える求人事情

名古屋でIT求人を探すなら、Javaプログラマが熱い!

Recommend

About me

生まれも育ちも名古屋。生粋の名古屋人Javaプログラマです。Java人気のおかげで名古屋のIT求人も盛り上がってきました!これからプログラマを目指す名古屋人なら、絶対にJavaがおススメ!
Twitter:@javaprogram_ngy
問い合わせ:問い合わせフォーム

Javaプログラミングとは

Javaプログラミングとは

Java人気によって名古屋でもJavaプログラマ求人が増えています。世界的に人気急上昇のJavaについて、基礎の基礎から紹介します。なぜJavaが人気なのか、そもそもJavaプログラミングって何?という、Javaへの素朴な疑問にこたえます。

Javaプログラミングとは についての記事一覧

Javaの基礎 Javaの基礎

Javaプログラマの求人数は全国的に増加しており、名古屋でも増えています。これからエンジニアを目指す人にも、Java経験のないプログラマにとっても、Javaは注目の言語であることは間違いありません。すぐにJavaプログラマにならないとしても、Javaを習得しておくと何かと役に立つでしょう。むしろ、Javaを知らないと不便と言っても過言ではないかもしれません。Javaはオブジェクト指向型プログラミング言語の代表ともいえる言語です。Javaを知るにはオブジェクト指向型言語のクラスの概念を理解するところからスタートする必要があります。そこでまずは、プログラマのご挨拶、「Hello World」で解説します。 詳細はこちら

Javaを使うメリット・デメリット Javaを使うメリット・デメリット

大規模プロジェクトなどに採用されることが多いJava。この言語がそれほど使用されるのはちゃんと理由があるのです。その一つが移植性と汎用性です。Javaは一度書いたプログラムをどんな端末でも動かすことが出来ます。そのために汎用性も高く、多くの案件でこの言語が採用される理由になっているのですが、それゆえにJavaは高速化が期待できなかったり、バグが共通してしまうという欠点も抱えています。それとともにJavaはC言語以上の高級言語であり、その記述性の高さは特筆モノです。Javaは大規模プロジェクト向けの機能も多く、そういったことが人気につながっています。 詳細はこちら

Javaプログラマなら取得すべき資格 Javaプログラマなら取得すべき資格

Java SE 7のリリースに伴い、Javaプログラマについて従来の認定資格体系を一新して3段階の認定資格が生まれました。最下位のBronzeは日本独自の資格であり、主に新卒研修の修了者を想定した初学者向けのため、Javaの基本文法やオブジェクト指向プログラミングの基本を理解しているかが試されます。最上位のGoldとその前提資格となるSilverは共に国際資格であり、従前のSJC-PやOCJ-Pの出題範囲から広がった分、被験者の実力をより正確に判定する必要が生じたために2段階に分かれました。プログラミング経験1年以上であればSilverからの受験が妥当ですが、Goldでは実践的で包括的なプログラミング能力を判定しデザインパターンも出題範囲です。 詳細はこちら

初級Javaプログラマのための参考書籍 初級Javaプログラマのための参考書籍

Javaでプログラミングを行うシステムエンジニアにおすすめの書籍に「Effective Java 第2版」があります。これはJoshua Bloch の著作で、 柴田芳樹 が翻訳を勤めているものです。プログラマの定番、必読書といわれる本で、初心者にはありがたいプログラムの書き方の基本から、中級者向けのソースコードのマナーまで、わかりやすく解説されています。ただこうするべきという方法論だけでなく、なぜそうするべきなのか、なぜそれが問題なのかといった側面から、正しいプログラムの書き方を学べるという点が特徴的な本です。 詳細はこちら

Pickup

初級Javaプログラマのための参考書籍

初級Javaプログラマのための参考書籍 これからJavaプログラミングを学ぼうとする初級者にとって、参考書選びは難解であり、かつ、とても重要なポイントでもあります。書店の専用コーナーには参考書類があふれています。Javaプログラミングについてある程度精通した上で、知りたいことがピンポイントに理解できているプログラマであれば、どの本を手にとればよいかも自分で判断できるでしょうが、右も左もわからない初級者にそれはほぼ不可能でしょう。ここでオススメする書籍は、初級者のみならず、ある程度プログラミングスタイルを確立しているプログラマでも利用価値のある本です。

プログラマの35歳定年説を考える

プログラマの35歳定年説を考える Javaに限らず、プログラマは35歳が実質定年という説があります。スポーツ選手やアスリートなら年齢による体力的衰えなども理解しやすいところですが、なぜプログラマが35歳定年と言われるのでしょうか。そこには日本の企業体質なども影響していると考えられます。企業の規模にもよるでしょうが、35歳と言えば、そろそろ管理職のポジションが見えてくる年齢です。本人の意思とは別に、マネージメントへまわされるという流れもあるでしょう。しかし、50歳を超えても超ベテランのプログラマとして活躍し続ける人がいることも事実です。

いま求められる名古屋でのJavaプログラマの求人内容

いま求められる名古屋でのJavaプログラマの求人内容 オブジェクト指向言語であるJavaを用いてプログラミングをするのがJavaプログラマですが、企業の本質的なニーズを見ると、もう一段上のレベル、J2EEとオブジェクト指向に精通したエキスパートを求めているようです。その役割として、ひとつは全体設計を担えるアーキテクト、そして現場監督となるプロジェクトマネージャ、そして豊かな実装経験を持つ技術者などにわかれます。Java初心者は、将来的にJavaエキスパートとしてどの方向を目指すのか、指針を持つことが大切です。

page top
Copyright © 2014 名古屋のJavaプログラマが教える求人事情 All Rights Reserved.