取るならこれ!Javaプログラマの使える資格

名古屋のJavaプログラマが教える求人事情

名古屋でIT求人を探すなら、Javaプログラマが熱い!

Recommend

About me

生まれも育ちも名古屋。生粋の名古屋人Javaプログラマです。Java人気のおかげで名古屋のIT求人も盛り上がってきました!これからプログラマを目指す名古屋人なら、絶対にJavaがおススメ!
Twitter:@javaprogram_ngy
問い合わせ:問い合わせフォーム

Javaプログラマなら取得すべき資格

Javaプログラマなら取得すべき資格 昨今の日本は資格ブームで、半ば趣味といったものまでありますが、技術者にとっては自分の実力を客観的に捉えることが出来る一つの指標でもあります。Javaプログラマ向けには、旧サン・マイクロシステムズによるSJC-P(Sun Certified Java Programmer)及び、その後継としてOCJ-P(Oracle Certified Java Programmer)がありましたが、難易度が高く合格しづらかったのも事実です。そこでJava SE 7のリリースに伴い、認定資格体系を一新し、3段階のレベルを設定しています。

Pocket

認定資格体系の概要

新たな認定資格の中で、Bronzeは日本独自のものですが、Silver及びその上のGoldは国際資格として扱われます。今回はこれまでのOCJ-Pから範囲が広がり、一発合格は更に難しくなったため、SilverとGoldの2段階に認定資格が分けられました。その一方で日本にはIT初心者向けの資格ニーズが存在するため、Bronzeを設定することで、グローバルに通用するSilverへの足掛かりという位置づけを行っています。

Bronzeの対象者とレベル

Bronzeは新卒研修の修了程度というレベルであり、Javaを初めて学ぶ人が理解しておくべき基礎項目について出題されます。Javaの基本文法、すなわち変数宣言や制御文とオブジェクト指向プログラミングの基本を理解しているのかどうかを問われます。プログラミングの経験が無い、あるいは経験年数にして1年未満の場合には、このBronzeの取得によって基礎知識を整理しておくと良いでしょう。

Silverの対象者とレベル

次にSilverですが、Bronzeの取得は前提としていません。従ってプログラミング経験年数1年以上であれば、Silverから受験をしても問題ないと言えるでしょう。しかしSilverとてJavaの基本文法とオブジェクト指向プログラミングを理解しているかどうかを問う資格であり、プログラミングのために必要となる仕様について事細かな理解が試されます。従ってBronzeを足慣らしとして勉強しておく意味はあるのです。

Goldの対象者とレベル

さて3段階の最上位にあたるGoldともなれば、試されるのは設計から実装までの包括的な技術です。主にJava API群を利用したプログラミングを理解しているかどうか、という点が出題範囲です。しかし更に従来の資格には無かったデザインパターンも出題範囲に含まれますので、設計者の意図を理解した上で総合的かつ実践的にJavaを活用できるだけの実力が試されます。このGoldの受験には、Silverの認定を受けていることが前提となっていますが、これは従前よりも出題トピックが増えたことにより、各トピックについて受験者が十分に理解しているのかの判定が難しくなったためです。そしてもちろん、従来のSJC-PとOCJ-P取得者向けには、Upgrade to Java SE 7 Programmerという、Goldへの移行のための試験が用意されています。

Pickup

初級Javaプログラマのための参考書籍

初級Javaプログラマのための参考書籍 これからJavaプログラミングを学ぼうとする初級者にとって、参考書選びは難解であり、かつ、とても重要なポイントでもあります。書店の専用コーナーには参考書類があふれています。Javaプログラミングについてある程度精通した上で、知りたいことがピンポイントに理解できているプログラマであれば、どの本を手にとればよいかも自分で判断できるでしょうが、右も左もわからない初級者にそれはほぼ不可能でしょう。ここでオススメする書籍は、初級者のみならず、ある程度プログラミングスタイルを確立しているプログラマでも利用価値のある本です。

プログラマの35歳定年説を考える

プログラマの35歳定年説を考える Javaに限らず、プログラマは35歳が実質定年という説があります。スポーツ選手やアスリートなら年齢による体力的衰えなども理解しやすいところですが、なぜプログラマが35歳定年と言われるのでしょうか。そこには日本の企業体質なども影響していると考えられます。企業の規模にもよるでしょうが、35歳と言えば、そろそろ管理職のポジションが見えてくる年齢です。本人の意思とは別に、マネージメントへまわされるという流れもあるでしょう。しかし、50歳を超えても超ベテランのプログラマとして活躍し続ける人がいることも事実です。

いま求められる名古屋でのJavaプログラマの求人内容

いま求められる名古屋でのJavaプログラマの求人内容 オブジェクト指向言語であるJavaを用いてプログラミングをするのがJavaプログラマですが、企業の本質的なニーズを見ると、もう一段上のレベル、J2EEとオブジェクト指向に精通したエキスパートを求めているようです。その役割として、ひとつは全体設計を担えるアーキテクト、そして現場監督となるプロジェクトマネージャ、そして豊かな実装経験を持つ技術者などにわかれます。Java初心者は、将来的にJavaエキスパートとしてどの方向を目指すのか、指針を持つことが大切です。

page top
Copyright © 2014 名古屋のJavaプログラマが教える求人事情 All Rights Reserved.