35歳定年説は嘘?本当?Javaプログラマの実力

名古屋のJavaプログラマが教える求人事情

名古屋でIT求人を探すなら、Javaプログラマが熱い!

Recommend

About me

生まれも育ちも名古屋。生粋の名古屋人Javaプログラマです。Java人気のおかげで名古屋のIT求人も盛り上がってきました!これからプログラマを目指す名古屋人なら、絶対にJavaがおススメ!
Twitter:@javaprogram_ngy
問い合わせ:問い合わせフォーム

プログラマの35歳定年説を考える

プログラマの35歳定年説を考える 体操選手や野球選手などスポーツで華々しく活躍して一世を風靡し、やがて惜しまれつつ引退会見で語る理由は人それぞれではあるものの、まことしやかに体力の衰えが囁かれていれば、世の中は大抵納得するでしょう。IT業界においても以前から35歳定年説が囁かれています。

Pocket

業界内におけるプログラマの地位

さて35歳でプログラマが定年になるとすれば、それ以降をどうやって過ごすのかが問題になります。二つの志向として、マネジメントとスペシャリストの道が考えられます。つまり元々はプログラマでありながら顧客の経営内容とその戦略を理解して要望を聞き取り、仕様設計に反映させてわかりやすく提案することで顧客の信頼を獲得する一方で、計画立案から品質管理や工程管理までのプロジェクト全体に対して責任を負うプロジェクトマネジャーに成長するのが一つです。そしてもう一方は、プログラマとして専門的な知識とスキルをストイックに極め、プロジェクトにおける開発環境や開発手法を適切に選択し、技術課題には速やかに対処し解決することができるスペシャリストへと成長するものです。どんな形であれIT業界に興味を持った場合に、まず始めるのがプログラミングの勉強です。そしてそこそこの業務経験を積めば誰もが一様に、自分が理解した範囲においては人から依頼されたプログラムを作成することができるのであり、そのレベルのままで留まってしまえば、いくらでも替えがいるとも言えるのです。

35歳を超えたプログラマの実力

研究開発職について言えば、IT分野に限らず、40歳前後になると管理職に回されることが多くなります。新しい発想が枯渇するとか、新しい知識や技術では若手に敵わなくなるなど、理由付けは様々です。もちろんどんな業界であっても、経営を行う上で自社の強みを技術的に理解している人材は貴重であるため、マネジメントに回ってもらうのもある程度は積極的な意味合いも含め必要なのです。その一方で、どんな業界であっても一定数は、一生現役の研究開発者として名の知られた存在がいるものです。

35歳定年説に新たな意味を見出せば

このようにたとえ35歳定年説があるからといって、無闇に不安がるのではなく、むしろ一つの区切りと考えて、35歳以降の将来像をそれ以前によく思い描いておくことが必要でしょう。それは自らの経験と観察と思考から導き出された、オリジナルな将来像かもしれません。しかし需要があるところを探せば、間違い無く道は開けます。それが一般論と適合しないからと言って、自らの将来をみすみす逃す手はないのです。それよりもそのような将来像をより強固にするために、新しい情報や新しい技術、そして新しい人脈を獲得することに貪欲になることです。

Pickup

初級Javaプログラマのための参考書籍

初級Javaプログラマのための参考書籍 これからJavaプログラミングを学ぼうとする初級者にとって、参考書選びは難解であり、かつ、とても重要なポイントでもあります。書店の専用コーナーには参考書類があふれています。Javaプログラミングについてある程度精通した上で、知りたいことがピンポイントに理解できているプログラマであれば、どの本を手にとればよいかも自分で判断できるでしょうが、右も左もわからない初級者にそれはほぼ不可能でしょう。ここでオススメする書籍は、初級者のみならず、ある程度プログラミングスタイルを確立しているプログラマでも利用価値のある本です。

プログラマの35歳定年説を考える

プログラマの35歳定年説を考える Javaに限らず、プログラマは35歳が実質定年という説があります。スポーツ選手やアスリートなら年齢による体力的衰えなども理解しやすいところですが、なぜプログラマが35歳定年と言われるのでしょうか。そこには日本の企業体質なども影響していると考えられます。企業の規模にもよるでしょうが、35歳と言えば、そろそろ管理職のポジションが見えてくる年齢です。本人の意思とは別に、マネージメントへまわされるという流れもあるでしょう。しかし、50歳を超えても超ベテランのプログラマとして活躍し続ける人がいることも事実です。

いま求められる名古屋でのJavaプログラマの求人内容

いま求められる名古屋でのJavaプログラマの求人内容 オブジェクト指向言語であるJavaを用いてプログラミングをするのがJavaプログラマですが、企業の本質的なニーズを見ると、もう一段上のレベル、J2EEとオブジェクト指向に精通したエキスパートを求めているようです。その役割として、ひとつは全体設計を担えるアーキテクト、そして現場監督となるプロジェクトマネージャ、そして豊かな実装経験を持つ技術者などにわかれます。Java初心者は、将来的にJavaエキスパートとしてどの方向を目指すのか、指針を持つことが大切です。

page top
Copyright © 2014 名古屋のJavaプログラマが教える求人事情 All Rights Reserved.