採用担当者はここを見ています!Javaプログラマ求人に応募する前に要チェック

名古屋のJavaプログラマが教える求人事情

名古屋でIT求人を探すなら、Javaプログラマが熱い!

Recommend

About me

生まれも育ちも名古屋。生粋の名古屋人Javaプログラマです。Java人気のおかげで名古屋のIT求人も盛り上がってきました!これからプログラマを目指す名古屋人なら、絶対にJavaがおススメ!
Twitter:@javaprogram_ngy
問い合わせ:問い合わせフォーム

Javaプログラマとしての求人選考ポイント

Javaプログラマとしての求人選考ポイント Javaプログラマは最近は大変多くなりましたが、それ故に採用の段階でも競争が行われる事が少なくありません。今の時代はJavaを身に付けているからというだけで採用されたり選考に通ったりという程あまくないのも事実です。それでは、採用担当者はどういった点を重視しているのでしょうか。

Pocket

Javaの案件経験があるか

Javaは何と言っても仕事を受注して、初めて一端にJavaを使えると公で言えます。学校で習ったり個人が趣味的にやっているだけではとても仕事で使えるようなものではなく、仕事を通してのJavaのブラッシュアップが不可欠なのです。そういったこともあって、採用担当者は特に経験者採用の場合は、この仕事に携わったことがあるかを大変重視します。仕事で使われるJavaには、細かな命名法からプログラミングのタブー、大規模プロジェクト時のバグ対処などなどの知識が不可欠になってくるからです。そのため取り敢えずは小さい事務所でもいいですから、とにかくJavaで仕事をやらせてもらえる環境を整えて、それからよりよい仕事場を探すというのも大いに有効なことなのです。

他言語での経験があるか

Javaしか知らないプログラマよりも他の言語も使えるプログラマの方が良いに決まっていますが、このことは大変大きなことです。最近は学校でもJava一つしか教えなかったり、現場でもJavaに触れる機会が多いためにJavaしか扱えない人が多いのです。それゆえにJavaの強みである汎用性が他の言語を知らないということで発揮できなかったりするのです。例えばPHPのライブラリもJavaにはありますが、本当にPHPを活用したものを作成しようしとしたら、PHPの本格的な知識無くしてとても出来ないのです。Javaのライブラリにだけ詳しくなって器用貧乏になってしまってはいけません。

新しい知識の吸収力

Javaは新しいライブラリや環境が続々と登場するものでもあるために、知識に貪欲なことも重要です。ハッキリ言えば、自分から学ぼうとしないプログラマは余り必要とされていないのです。Javaはこの傾向が顕著であり、それだけ知識を直ぐに覚えられる人が求められます。年齢が若いほうがこの点で有利ですが、かといって他のことでも学習意欲の高さは表現できます。例えば最近とった資格などをアピールすることで、こういった学習意欲の高さを認めてもらえるのです。こういった学習意欲の高いプログラマは大変便利な存在であり、Javaは日進月歩で色々な情報が増えていくためにどこの事務所に行っても重宝されるようになるでしょう。またこの点で英語力があることはなお良いのです。事務所に一人は英語の文献を読めるプログラマがいれば、それだけ問題にぶつかった時にもやりやすくなるものなのです。こういったことがあなたのプログラマとしての価値を高めていくのです。

Pickup

初級Javaプログラマのための参考書籍

初級Javaプログラマのための参考書籍 これからJavaプログラミングを学ぼうとする初級者にとって、参考書選びは難解であり、かつ、とても重要なポイントでもあります。書店の専用コーナーには参考書類があふれています。Javaプログラミングについてある程度精通した上で、知りたいことがピンポイントに理解できているプログラマであれば、どの本を手にとればよいかも自分で判断できるでしょうが、右も左もわからない初級者にそれはほぼ不可能でしょう。ここでオススメする書籍は、初級者のみならず、ある程度プログラミングスタイルを確立しているプログラマでも利用価値のある本です。

プログラマの35歳定年説を考える

プログラマの35歳定年説を考える Javaに限らず、プログラマは35歳が実質定年という説があります。スポーツ選手やアスリートなら年齢による体力的衰えなども理解しやすいところですが、なぜプログラマが35歳定年と言われるのでしょうか。そこには日本の企業体質なども影響していると考えられます。企業の規模にもよるでしょうが、35歳と言えば、そろそろ管理職のポジションが見えてくる年齢です。本人の意思とは別に、マネージメントへまわされるという流れもあるでしょう。しかし、50歳を超えても超ベテランのプログラマとして活躍し続ける人がいることも事実です。

いま求められる名古屋でのJavaプログラマの求人内容

いま求められる名古屋でのJavaプログラマの求人内容 オブジェクト指向言語であるJavaを用いてプログラミングをするのがJavaプログラマですが、企業の本質的なニーズを見ると、もう一段上のレベル、J2EEとオブジェクト指向に精通したエキスパートを求めているようです。その役割として、ひとつは全体設計を担えるアーキテクト、そして現場監督となるプロジェクトマネージャ、そして豊かな実装経験を持つ技術者などにわかれます。Java初心者は、将来的にJavaエキスパートとしてどの方向を目指すのか、指針を持つことが大切です。

page top
Copyright © 2014 名古屋のJavaプログラマが教える求人事情 All Rights Reserved.